さすらい探偵

千葉の探偵社、ガルエージェンシー千葉第一の代表です。肉球に日々癒しを求める毎日です。動物は裏切ません(笑)
浮気調査以外でもあらゆる調査のご相談にのりますので、お気軽にご相談下さいね。

記事一覧(17)

浮気調査における探偵の役割

浮気(不貞)の証拠はどれくらいあつまれば良いんですか?本日は多くの相談者さんが気になる所であるこのテーマについてです。正直な所、探偵は法律の専門家ではありませんので一概には言えませんが、多くの過去の事例より、おおよそこの程度というアドバイスはどこの探偵事務所さんでもしていると思います。証拠をおさえていざ相手方に慰謝料を払えと、こちらの要求を訴えた時、素直に認める人もいれば、認めない人もいます。もっと言えば、例えば内容証明を送っても無視する方もいるのが現実です。探偵はあくまでも証拠を集めるプロであり、集めた証拠をどう使うかは、依頼者本人あるいは弁護士さんなどの法律の専門家です。相手との交渉に弁護士を立てるのであれば、その弁護士の手腕に左右されます。高額な慰謝料を請求する方もいれば、弱気な方も弁護士さんにはおり、高額な請求をするのはそれ相応の証拠があるのが前提です。自分で夫(妻)のLINEを写真に撮り、男女関係を想像させるやりとりがあっただけで、その写真のみで弁護士のところへ行くのと、探偵の報告書を持って行くのでは、中身のボリュームが違います。現に、証拠はあるので相手の住所と勤務先だけを特定してほしいという依頼があります。探偵側として浮気調査に着手するのであれば、不貞の事実が認められないというのが一番NGですので、少なくとも言い逃れできない程度の材料は集めたいと思う所です。この場合、最低でも2回以上の状況証拠を言いますが、相手と戦うのであれば勝たなければなりません。つまり相手方が不貞を否認してくる可能性もある事を想定しています。現実否認する方を沢山見てきました。ともあれ、探偵から調査を進める事はしません。調査を続ける最終判断は依頼者さんご自身です。浮気の証拠についてを、そもそも探偵がそれらしく話すのはおかしな事で、例えばキスした写真だけでは証拠にならないとか、まだ材料が足りないとか、逆にこれだけあれば十分ですなど、それを判断するのは依頼者本人か弁護士さん等であり、あくまでもアドバイスとして話すのは、過去の判例や一般論です。探偵としてできる事は、求められれば集めた証拠に対して裁判所で証言する事や、固定金額で調査を任されているのであれば、出来るだけ必要以上に証拠をおさえる努力をするという事。事実を正確に伝えるのが探偵の役割なのです。

自分で浮気調査をやってみた(徒歩尾行)

本日は前回に続き徒歩尾行についてをお話ししたいと思います。徒歩尾行とは尾行において基本となるものであり、始まりは車両尾行でも、立ち寄り先は必ず徒歩尾行に切り替わる訳です。徒歩尾行の場合、追う側としては人物そのものが印象に残りやすく、対象者の振り返りやすれ違いが何度か出てくると注意しなければなりません。この為、上着を変えたり、メガネや帽子を被るなど、できるだけ印象に残らないようにします。対象者の行動で現在地から進行方向に何があるかを事前に想定し、対象者との距離を調整しながら尾行する、建物に入る場合、すぐに出入り口箇所がどこにあるのかを確認する、警戒行動が出ていないか注視するなど、短い時間で状況変化が起こるケースが多く、考える事はたくさんあります。次に徒歩での移動手段の変化について。徒歩→電車/新幹線徒歩→タクシー徒歩→バス徒歩→電車→タクシー徒歩→電車→飛行機→タクシー徒歩→電車→自転車徒歩→電車→車(駅でピックアップなど)まだ他にも例がありますが、特に注意しなければならないのは、移動先でタクシーに乗り換える場合や、車が迎えに来る場合です。特に交通量が多い地域においては、タクシーで追跡する事は困難となるケースがあります。事前に対象者の行き先が判明している、あるいは同時進行でもそうですが、こちらの車両を現地にスタンバイするなどの連携が必要とされる事もあります。最後に対象者の警戒行動について。警戒行動とは文字通り対象者が見せる警戒している行動となりますが、過度な警戒行動が見られる場合、尾行をストップせざる得ない事もあります。以前の浮気がバレて再発している方などは、通常より警戒しているケースが多いですね。いかがでしょうか?ご自身で徒歩尾行をやってみた方、容易ではない事が分かったと思います。尾行/張込み/聞き込み、撮影、これらは探偵独自の技術であり、似たような職業の警察もありますが、技術は似て非なるもの。国家権力を持つ警察の捜査と、探偵の調査では制限のある探偵の方が難しく、だからこそ探偵社には技術が問われます。もしも全てを一人でできた方がいるとするならば、その方は抜群に探偵向きと言えるでしょう。(笑)※一般の方が他人をむやみに尾行すると法に触れる可能性があります。

自分で浮気調査をやってみた(車両尾行)

昨日は調査における撮影の話をしました。本日は尾行に絞りたいと思います。尾行には主にいくつかのパターンがあります。(徒歩尾行、車両尾行など)まずは車両尾行について。自身で妻(夫)の尾行をやってみた方は分かると思いますが、1台の車で対象者車両を追尾する事はほぼ不可能であるという現実です。これは対象者が警戒している、していない以前の問題で、前を走る車に1台でついて行く事は思うほど簡単ではありません。おそらく尾行開始してから10分持たないレベルで見失ってしまうでしょう。ましてや土地勘のない地域ならもっと難易度は上がります。こういったことから、調査員は少なくとも2名以上が必要であり、車両2台もしくは、車両/バイクという組み合わせが基本です。※場合によっては3台、1日の調査で4台以上となってくると逆に処理に困り不要となるケースが増えてきますが、探偵社によってはそんなに必要かと思うほど使うというところもあるようです。又、追跡する距離感も重要です。見失うのを恐れ、あまりにも常に真後ろに張り付いていると尾行がバレます。探偵は同じ車両で尾行し続ける事はない為、対象者の印象に残らないようにしています。このように尾行をしていても、対象者は少なくとも警戒している訳(浮気相手と接触するときなど)ですから、一般の方が尾行するというのは、現実的に不可能なのです。危険を犯して、もしも尾行がバレてしまうとどうしようもありませんので、そこは素直に探偵さんに相談して下さい。一言で追跡といえでも、細かな追跡手段があり、そこには探偵ならではの技量がある訳です。次回は徒歩尾行についてをお話ししたいと思います。

自分で浮気調査をやってみた(撮影)

自分のケツは自分で拭く。何事も自分自身で対応したいという方、おられるんではないでしょうか?そういう私もそのタイプではあります。浮気の相談を受けている際、自分で色々とやってみたがダメだった。こんな話もよく聞きます。尾行ができない、撮影がうまく撮れないなどが大半を占める訳ですが、撮影に焦点を絞ると、なにやら一般の方が思う探偵が使う撮影機材に対するイメージは、相当凄い機材を使って撮影しているんじゃないだろうか?という発想はある意味では当たっていますが、基本的に普通のカメラで撮影しているのが現状です。普通のカメラで撮影するといっても、細かな撮影技術が違うので、そのあたりが差になるかと思います。よく聞く相談者さんがいわゆる擬装カメラを自分で購入して、色々やってみたという話。擬装カメラというのは、車のリモコンキー型やメガネ型など、一見カメラには見えないようなカモフラージュしてあるものを言いますが、画質を優先する探偵からすると、あまり使わないのが現実で、相手に撮影がバレない技術を持つ探偵はそもそもそういった擬装カメラを必要としないものです。※使わない訳ではありません。モニターを見ずに撮影する。撮影距離の感覚。対象者を見ないで撮影する。接近しバレない撮影。必要な場面のみを撮影する。手ブレを極力抑える。違う動作と並行して撮影する。状況に応じて瞬時に最適な設定で撮影する。暗所撮影。などなど技術的なことはいろいろありますが、現場は一発勝負です。頭で思うほど簡単な事ではありません。毎日手足のようにカメラを触っている探偵ならではの技が、報告書に反映されている訳です。

一度許したあなた

本当、病的とも思えるほど、浮気、不倫をやめない、やめられない方が多いものです。長年探偵をしていると、再調査のご依頼を受ける事もよくある事ですが、対象者は相変わらずなのです。ここで言いたいのは、私どもは探偵ですから、夫婦間の問題に対してとやかく言うことはしません。証拠をおさえるのが仕事で、証拠の使い道は依頼者さんの自由ですから。しかしながら探偵といえども人です。ある種の感情はあります。こちらが離婚まではしたくないという状況であれば、夫に多い理由が親権、妻に多い理由は収入(生活の安定)の問題で、浮気の事実が分かっていても、離婚まで踏み切る事は難しいようです。そんな部分を見透かしたかのように、相変わらず浮気を繰り返している状況、配偶者に対する態度も酷い有様。あげくのはてには、別居の事実があればいづれ離婚できるという考え。もうここまで来ると、完全に開き直り状態です。どんなに聖人君子でも、人は間違いを起こします。菩薩のような心で一度過ちを許したあなた。刑事事件であれば、初犯だし、執行猶予のようなもの。しかし、再犯となれば実刑は免れません。前回の不貞を許しているあなたは、今回の浮気も許すのでしょうか?時間は規則的に過ぎていきます。浮気相手との自然消滅もあるでしょうが、長い目で見た時、今の自分はどうあるべきか?ここにつきると個人的には思うものです。自身が動かずして、未来は変わらないのです。

商品の価値

探偵の仕事はサービス業です。製造業、小売業であれば、商品そのものの価値に魅力を感じ、お客様がお金を払って得ている訳です。では探偵の商品はというと、それは報告書であり、撮影した動画のDVD、BDディスクとなります。この仕事をしていると、探偵さんへ再調査を依頼したいと考えている方と面談をする機会が結構な頻度であります。再調査を検討する理由は様々ありますが、問題なのは、以前依頼した探偵さんとは別の探偵さんに相談に来られるケースです。相談者さんからすれば、以前依頼した探偵さんの所では、何か問題があったからこそ、違う探偵さんに会いに来ている訳です。追加調査の料金が予算と合わない。この理由は多く、それぞれの探偵事務所により、調査にかける人員も、期間も違いますので、見積りも大分料金が変わる場合があるのが実情です。特に人員は、そんなに人が必要か?と不思議に思えるほどの見積りを出すところもあります。しかし別の探偵さんへ相談に来られる理由で最も多いのは、与えられた商品(報告書)に不満を抱えているケースが目立ちます。3〜4日の調査報告書が写真数枚程度であったり、浮気調査であれば、対象者が浮気相手と接触しなかったからという理由で、調査した記録さえ報告書に記載されない。午前中から深夜まで調査しているにもかかわらず、突然3〜4時間何しているのか不明など。調査というのは期間が長くなればなるほど、後にお渡しする報告書のボリュームも多くなるものです。対象者がその時何をしていたのか?という記録をしているのが行動調査であり、結果的に◯時◯分に◯◯で浮気相手と接触した!という事実は、一つの結果であり、接触せずともその記録は必ず残されるものです。自分の所の報告書が他社に見られる事を考えていないのだろうか?料金は納得して依頼者さんが判断するが、少なくとも商品だけはレベルの高いものをお渡ししたいものです。相談者さんは面談時に、報告書のサンプルを見せてもらうと良いですよ。料金も大事ですが、費用に見合うだけの価値のある報告書が頂けるかの、参考にはなりますからね。