自分で浮気調査をやってみた(撮影)

自分のケツは自分で拭く。何事も自分自身で対応したいという方、おられるんではないでしょうか?そういう私もそのタイプではあります。

浮気の相談を受けている際、自分で色々とやってみたがダメだった。こんな話もよく聞きます。

尾行ができない、撮影がうまく撮れないなどが大半を占める訳ですが、撮影に焦点を絞ると、なにやら一般の方が思う探偵が使う撮影機材に対するイメージは、相当凄い機材を使って撮影しているんじゃないだろうか?という発想はある意味では当たっていますが、基本的に普通のカメラで撮影しているのが現状です。普通のカメラで撮影するといっても、細かな撮影技術が違うので、そのあたりが差になるかと思います。

よく聞く相談者さんがいわゆる擬装カメラを自分で購入して、色々やってみたという話。擬装カメラというのは、車のリモコンキー型やメガネ型など、一見カメラには見えないようなカモフラージュしてあるものを言いますが、画質を優先する探偵からすると、あまり使わないのが現実で、相手に撮影がバレない技術を持つ探偵はそもそもそういった擬装カメラを必要としないものです。※使わない訳ではありません。

モニターを見ずに撮影する。
撮影距離の感覚。
対象者を見ないで撮影する。
接近しバレない撮影。
必要な場面のみを撮影する。
手ブレを極力抑える。
違う動作と並行して撮影する。
状況に応じて瞬時に最適な設定で撮影する。
暗所撮影。

などなど技術的なことはいろいろありますが、現場は一発勝負です。頭で思うほど簡単な事ではありません。毎日手足のようにカメラを触っている探偵ならではの技が、報告書に反映されている訳です。




さすらい探偵のブログ

千葉の探偵社、ガルエージェンシー千葉第一の代表です。肉球に日々癒しを求める毎日です。動物は裏切ません(笑) 浮気調査以外でもあらゆる調査のご相談にのりますので、お気軽にご相談下さいね。

0コメント

  • 1000 / 1000