浮気調査における探偵の役割

浮気(不貞)の証拠はどれくらいあつまれば良いんですか?


本日は多くの相談者さんが気になる所であるこのテーマについてです。

正直な所、探偵は法律の専門家ではありませんので一概には言えませんが、多くの過去の事例より、おおよそこの程度というアドバイスはどこの探偵事務所さんでもしていると思います。

証拠をおさえていざ相手方に慰謝料を払えと、こちらの要求を訴えた時、素直に認める人もいれば、認めない人もいます。もっと言えば、例えば内容証明を送っても無視する方もいるのが現実です。

探偵はあくまでも証拠を集めるプロであり、集めた証拠をどう使うかは、依頼者本人あるいは弁護士さんなどの法律の専門家です。

相手との交渉に弁護士を立てるのであれば、その弁護士の手腕に左右されます。高額な慰謝料を請求する方もいれば、弱気な方も弁護士さんにはおり、高額な請求をするのはそれ相応の証拠があるのが前提です。

自分で夫(妻)のLINEを写真に撮り、男女関係を想像させるやりとりがあっただけで、その写真のみで弁護士のところへ行くのと、探偵の報告書を持って行くのでは、中身のボリュームが違います。現に、証拠はあるので相手の住所と勤務先だけを特定してほしいという依頼があります。

探偵側として浮気調査に着手するのであれば、不貞の事実が認められないというのが一番NGですので、少なくとも言い逃れできない程度の材料は集めたいと思う所です。この場合、最低でも2回以上の状況証拠を言いますが、相手と戦うのであれば勝たなければなりません。つまり相手方が不貞を否認してくる可能性もある事を想定しています。現実否認する方を沢山見てきました。

ともあれ、探偵から調査を進める事はしません。調査を続ける最終判断は依頼者さんご自身です。

浮気の証拠についてを、そもそも探偵がそれらしく話すのはおかしな事で、例えばキスした写真だけでは証拠にならないとか、まだ材料が足りないとか、逆にこれだけあれば十分ですなど、それを判断するのは依頼者本人か弁護士さん等であり、あくまでもアドバイスとして話すのは、過去の判例や一般論です。

探偵としてできる事は、求められれば集めた証拠に対して裁判所で証言する事や、固定金額で調査を任されているのであれば、出来るだけ必要以上に証拠をおさえる努力をするという事。事実を正確に伝えるのが探偵の役割なのです。

さすらい探偵のブログ

千葉の探偵社、ガルエージェンシー千葉第一の代表です。肉球に日々癒しを求める毎日です。動物は裏切ません(笑) 浮気調査以外でもあらゆる調査のご相談にのりますので、お気軽にご相談下さいね。

0コメント

  • 1000 / 1000